お問い合わせ:TEL 06-6271-6242 メールの方はこちら

JIS適合表示事業

JIS適合表示票について

当協会は会員の製品に「JIS適合表示票」を表示する事業を行なっています。 「JIS適合表示票」は7種の縫い糸に ついて設定されています。 マークの意味は、日本縫糸工業協会(日縫協)と(一財)日本繊維製品品質技術センター (QTEC)が、その製品 がJIS(日本工業規格)に適合していることを証明するものです。

1.綿縫糸(L-2101)
L-2101
2.絹縫糸(L-2310)
L-2310
3.麻縫糸(L-2403)
L-2403
4.ナイロン縫糸(L-2510)
L-2510
5.ポリエステル縫糸(L-2511)
L-2511
6.ビニロン縫糸(L-2512)
L-2512
7.ポリノジック縫糸(L-2513)
L-2513

JIS適合表示票の仕組み

「JIS適合」表示票の仕組みは次のようになっています。

図1図2図3

以上の仕組は、日縫協の執行機関である役員会の下に設けられた「JIS適合宣言管理委員会」とその制定した「JIS適合宣言規程」により管理運営されています。

[注] 適合宣言とは耳新しい言葉ですが、これは、改定工業標準化法に基づくもので宣言書(下記をご参照下さい。)の中で対象商品、対象基準書(JIS規格)試験機関(QTEC)等を明示しています。

宣誓書
なお、試験機関であるQTECは、経済産業省所管の財団法人で、繊維製品の評価と技術の指導に関わる全ての活動を行なっており、改正工業標準化法に基づく第1号の認定試験事業者であり、また、ISO9002の認証も取得しています。

ページトップへ